スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口から流れるように出た言葉

2006.06.08 *Thu
それは、まるで反射神経だった。
尋ねられた質問に、肯定を示すような言葉を、
違和感なく、当たり前のように、口から流れ出た。

私の言葉に、誰も不信感も募らせない。
心の底では何を考えているのか、誰も解らないというのに。

否定することに、何もメリットなどない。
素直に頷いておけば、とりあえず、この場をやり過ごせるのだから。

そこまで深く考えていなかったはずなのに、
一瞬のうちに、自分がどうあるべきかを察したのか、
気付けば、もう、遅かった。
私の言葉に、誰も疑うことなどなかった。

生きていくには、何かを犠牲にしなければならない。
これが、俗に言う処世術ってやつか。
それだけで争うことなく平和に過ぎていくのであれば、
私の言葉も、想いも、曲げてしまってもいいだろう。
CATEGORY : 日記
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © 陰と陽の交じり合う世界 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。