スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意識の低さ。

2008.02.09 *Sat
残念なこと。
まぁ、私も本格的にエコ生活やエコ活動をしているわけじゃないので、
えらそうなことは言えませんけど。

ペットボトルを回収しても、リサイクルしても意味がない。
だって、ペットボトルをリサイクルしたところで、
ペットボトルからペットボトルを作るわけじゃないのだから。

ビニールやプラスチックは、高温で燃やせばダイオキシンが発生しない。
たとえ低温で燃やしたとしても、
発生するダイオキシンは微量なので、分別する意味がない。

などなど……そんな言葉を耳にしました。

じゃあ、今の環境を意識しない、使い捨てる生活を送っていていいのか。
なぜ環境だエコだ、と騒がれているのか。

湯たんぽ、マイ箸、マイ水筒(タンブラー)、ふろしき……
それらが注目されているのは、なぜか。
使い捨てていた生活を見直すためじゃないのかと思う。

ペットボトルからペットボトルを作るためにリサイクル、ではなく。
石油製品を極力使わずにいこう!
消費量を減らそう!
って、ことじゃないのかと。

割り箸も同じく。

そうやって、自分たちの生活を見直せないなんて、なんて心が貧しいのだろう。
使い捨てる生活。
「ありがとう」という心まで、使い捨ててしまっているような気がします。

エコは、ありがとうの心。
ずっと使うお箸、水筒……愛着が沸いてきます。
「いつもありがとう」

まぁ、私も偉そうなことは言えないんだけどね。
なんだか淋しいなぁ、残念だなぁー…と思って。

忘れていませんか。
ありがとう、の心。
当たり前だと思っていませんか。
ここに水があること。食べ物があること。私たちを取り巻く道具がたくさんあること。
「ありがとう」
いつまでも手に入れ続けたいのであれば、
手に入れ続けられる未来を、作っていかなければなりません。
まずは、1本の割り箸。1枚のビニール袋から。

CATEGORY : エコ
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © 陰と陽の交じり合う世界 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。