スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風に舞い上がるビニールシート

2009.07.19 *Sun
ずっと気になっていた本。
しかし、NHKでドラマになってしまい、
読んだら流行に流されているみたいで嫌だー!と思いながらも、
先月の図書館で見つけ、思わず借りちゃいました(笑)

NHKのドラマは録画し、本を読んでから見ました。
なので、本とドラマを合わせた感想。

念願の!三人称でした!(そこかい:笑)
いやー、いいねー、三人称。
好き!
大好きです!

本は短編集。
どれも読みやすく……たぶん電車じゃなかったら涙が出てしまっていた。
2つめのワンコが何とも言えなかった。
好きなのは、その2つめと、最後の表題作。風に舞い上がるビニールシート。
せっかくなので、感想は表題作中心ということで。

まさかそんな話だったなんて、が第一印象。
タイトルからイメージしていたのは、
青空、新緑、そして黄色いビニールシートが舞い上がる映像。
そんな爽やかなイメージは覆されました。

ドラマで主人公を演じていたのは吹石一恵であることは知っていたので、
小説を読みながら、吹石ちゃんが動き回っていました。
あと、元祖ちょい悪オヤジのジローラモさん(笑)

軽々しく、今もなお失われていく命たち。
それをたった1つでも多く救おうと奮闘し続けている姿。
という背景とともに描かれている1つのラブストーリー。
ビニールシートの意味。
なぜ舞い上がるのか。
そして、主人公が知った、1つの希望。

ドラマでもそこは丁寧に描かれていて、感動した。
短編集の中の物語を映像作品にしていたので、
原作とは違った部分もありましたが、それはそれでよかったと思います。
吹石ちゃんが可愛かった。

あと、少し考えさせられました。
国際問題という大きなレベルではなく、個人的なものだけれど、
今、自分が選んだ道は、本当に自分が選んだ道だろうか。
何かしら理由をつけているのではないだろうか。
世界を飛び回る行動力を身に付けたいと思いながらも、
所詮、自分は関西という小さなフィールドから出ようとはしていない。
そんなことでいいのだろうか。

っと、話はそれたけど、よかったです。
森絵都は読みやすい気がする。
別のカラフルという本も気になっていたので、また借りてみよー♪

なるべくネタバレしないようなレビューを心がけているけれど、今回は難しかった!(笑)
小説もドラマも、どっちにしても、
とにかく英語が話せるようになりたい気持ちが高まります。
滋賀バンザイ!って言ってる場合じゃないなー、って思う(笑)

CATEGORY : レビュー?
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © 陰と陽の交じり合う世界 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。